TOPICS

アクティベータ治療器

 1978年9月26日、アクティベータ治療器は、米国特許庁から特許を取得。特許証には「ハイスピードで、しかも正確な特定方向へのコントロールされた矯正力を持つダイナミックなスラストを手動によって提供することができる治療器」としての発明の目的が認められている。以後、アクティベータ治療器は、医療業器具法に準じ、FDA(米国食品医薬局)に登録されている。
 アクティベータ・メソッドは、骨組織に対するメカニカル治療器の安全性と有効性を研究し
た、国立衛星研究所(NIH)の中小企業革命的リサーチ補助金プログラムより補助金を与えられ
た。そして、この研究から2つの科学的論文が『Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics』に収録された。
 X線にたよらなくともカイロプラクティック検査法で、病理的所見以外のサブラクセーションを発見できるテクニックが数多くあります。SOTやAKなどがあります。アクティベータ・テクニックもその中の一つで、米国の医科大学のバイオメカニカル効果の研究や、州立大学工学部での研究等、数々の長期的な科学的研究の末に発展した治療法です。
 現在、米国の約40%のカイロドクター(D.C.)が何らかの形で、アクティベータ・メソッドの理論、治療法を臨床に応用しているしのことです。外圧力にょって骨や関節が可動し、構造上、そして神経生理学上の回復を図ることも科学的に証明されている治療器なのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ot6d